超音波(エコー)検査

超音波(エコー)検査は、人の耳に聞こえない程、高い周波数の音波を手のひらサイズの機械から体に送り、その反射波から臓器の大きさや形状などを調べる検査です。放射線を使用しないため、放射線による被ばくなどはありません。

 ・腹部エコー  肝臓・胆のう・膵臓・腎臓・脾臓・膀胱・前立腺・腹部大動脈を調べます。各臓器の悪性腫瘍(癌)や炎症の有無、肝硬変、脂肪肝、胆のうポリープ、胆のう結石、腎結石、前立腺肥大、腹部大動脈瘤、など様々な疾患の発見に役立ちます。
・ 頸動脈エコー 動脈硬化の度合い、頸動脈のつまり具合、プラーク(脳梗塞の原因)の有無を調べます。脳梗塞を未然に防ぐ可能性を高めます。
 ・甲状腺エコー 甲状腺の状態を調べます。腫瘍など様々な甲状腺の疾患を指摘するのに役立ちます。
 ・心エコー 心臓の状態を調べます。心臓の動きを評価したり、弁膜症の有無などを指摘するのに役立ちます。

(当院では月一回超音波診断士による検査を行っております:要予約)